東京ガガガ

 

 

園子温「東京ガガガ」

ここから先は左右なし上下なし東京ガガガ廃墟ガガガ

路上の再生

文化がするべきこと「あんいこーる」活性化されるための道具
路上に元気がないと時代に活気がなくなる
いい文化が生み出せなくなる

5月30日
トランシーバー
「くそったれの日曜日、どこにいこうか」
園子温の声を合図にスクランブル交差点を走り抜ける様々な人々
数十分もの間、交差点を封鎖
「一日がつるつるして
町のどこかがとがってさえいりゃあ
そこに服の袖でもひっかけてもがきてえ
すべるだけの日どこへいこうか」

東京ガガガは映画であり芝居であり
音楽であり、そして詩そのものなのだ
それをいっさいのジャンルがストレートに路上で
町とぶつかりあい、原始的な表出をし、
闇鍋の如く、煮えたぎる世界」ガガガ

「町と、人と、ぶつかり合えれば何だっていいのだ!
ノンジャンル、すべてのジャンルを巻き込んですべてのジャンルを逸脱していくスリルがガガガだ」

10月9日「核実験反対ガガガ」

バウスシアター 園子温降臨祭ヴァキテ・ヴァージン

94-95 全日本ハチ光(本物そっくりのハチ公を全国に設置する)「君の好きな場所におこう」「今や無数のネットワークを結ぶ」「心の下水道」今すぐガガガに応答せよ

完成まで17年、「BADFILM」の原点

1994年ガガガ竹下通り

人いっぱいの竹下通り、園を筆頭に2つに割れる(モーゼか?)
唖然とする買い物客

「1990年代初頭、
一瞬駆け抜けた
《東京ガガガ》記憶は
もはや過去のものとなりつつある。
しかし、君がもし
再び渋谷ハチ公前交差点で
握り拳を内ポケットから
取り出す気さえあれば
《東京ガガガ》は
必ず復活する」

これは1993ー1995のごく一部
                      園子温

 

 

 

 

今日観た映画

バックトゥーザフューチャー


2017月02月14日 23時30分。
眠る前に触りだけ・・・とAmazonビデオアプリを開いて観た。
物語と同様トントン拍子に時間が進む。いや~楽しかった!とエンドロールが流れる頃には日を跨いで1時半。
興奮気味だが30分して寝付けた。

バックトゥーザフューチャーIII


朝起きて直ぐ友だちとSkypeをしながら観た。(フリーの特権)
いや~、めっちゃいいじゃないですかこのシリーズ映画。
流石、名を知られているだけで最高めちゃ最高大好き・・・。と思わずミーハーな感想が漏れる。

不朽の名作と言われてるシリーズを観て、「やっと観た」、という称号と人権を手に入れた気分になった。これが満足感。(せーの、で友だちと同時再生をし喋りながらガラナを流し込みながらみる。私は興奮すると声が大きくなる。怒られる。立て続けに起こるイベントは私にとってもハラハラでドキドキ♡なのだ。)

・結党!老人党


定年退職を迎えた宮下辰夫(笹野高史)は、妻(市毛良枝)とともに平穏な毎日を送っていた。ある日、小学校の同窓会で国会議員となった同級生・中西に会い、上っ面の票稼ぎの挨拶に終始する彼のスピーチに違和感を覚える。翌日、飲みすぎの無理がたたり倒れた辰夫。「親父も老い先短いのだから、好きなことをやれば」と言う息子(渡部篤郎)の言葉に、辰夫の脳裏にはこれまで口にしたことのなかった、ある考えが浮かんでいた…。(c)2009 WOWOW INC. 
Amazon CAPTCHA


時間の間に少しずつ観ていった映画。
善と悪がこんなにはっきりと描かれている邦画も割と悪くないかも知れない。(実はいい奴でした~と言われても中々腑に落ちない)

政治アレルギー気味の私だが、こんな総理大臣が爆誕したら悪くないなあ、とぼんやりと思う。遠い昔に原作小説読んだ気がしたけど忘れた。
消費ばかりの人生だけど、楽しいし。

たぶんだけど遠藤要が出ていて笑っちゃった。

第一回 最近触れたもの3選 

 

 

 

タイトルの通り私が最近触れたものについてここに書き記そうか。

 

 

クチコミで買ってみたところ、今後も使い続けるであろう品と固く思ったこちらの化粧水。

有名なのは言わずもがな・・・だけど、わたくしのお肌が全て、物語っているんです。

 

 

 

 

 

みんな大好きキングジム!!!!!

 

DM10を5年ほど前から使っていたが、とうとうしびれを切らして2週間前に購入したポメラDM100。(エネループ&専用ケース&SDカードも兼ねて)だいぶ大金をはたいたって感じ。

今まで使用していたDM10との比較としては、画面がデカイ、すごい、集中できる。

 

 f:id:fl362:20170214174520j:image 

 

あの日からこの機械で毎晩、日記を書きながら頬ずりしている。

愛おしいとはまさにポメラ

ポメラ愛用者は「ポメラニアン」というらしいが、ノーコメントで。

 

このブログの下書きにも用いていこうかと思案中。

 

 

去年発売されたDM200には手が届かなかったものの、ゆくゆくは・・・

類語辞典の導入や電池の廃止などと、とても魅力的)

 

 

 

 

・明るい夜に出かけて/佐藤多佳子

 

今現在読んでる最中の小説がこの本。

私は深夜ラジオが好きだ。

(東京ポッド許可局/アルコうしろハライチの三番組///三四郎ANN0/オードリーANN/ヨブンのこと)を主に今は聴いている。

もちろんradikoプレミアムにも登録しているぞ。

 

「アルコ&ピースのオールナイトニッポンシリーズ」が特に好きと断言できる。

一番リアルタイムで触れてきた世代・・・とここに書くとこいつ厨房だな、

と思われるかもしれないが事実。何より大好きで一緒に過ごしてきたラジオ番組なのだ。

 

数々の伝説を残してきたこの番組だが、佐藤多佳子の手で小説化されるなんて、思いもしなかったや。聴きなれた単語が小説の文字情報として目に飛び込んでくる体験なんて早々ないと思う。 

 

まだ半分だが時間のスキマに読み進めている。楽しみだ。

 

 

 

 

本記事はAmazonアソシエイトを用いて執筆しました。

バックトゥザフューチャーをみた

f:id:fl362:20170214162941j:plain

 

 

 

はてブのあとで読むを「あとで読まない」自身に飽き飽きとしている。

 

今、何か人目につくものを書き始めようかと、ブログをはじめた。

(文章はポメラDM100で細々と書き連ねているが、それ内容はこれから明らかにしていきたいと思う。)

 

まさにいま、この文章を目に止めてくれる人がいると思うと、不思議な気持ちだ。

 

2年半前までpocketを利用していたが、ある日を機にはてブに登録をした。

 

pocketの未読を含んで、この様な数字だ。

f:id:fl362:20170214153816j:plain

あとで読む、読まないを以前に、呆れる。

 

自分は深夜ラジオ、音楽、映画が好きだ。

 

 

バックトゥザフューチャーを初めて見てやっと人権を得た気持ちでこの文章を書いている。